笑える?皮肉?オヤジギャグ?アメリカンジョーク 25!

アメリカンライフ

ある日のスーパーでの、夫と私の会話。

みのこ旦那
みのこ旦那

What are you looking for?
(何を探してるんだい?)

みのこ
みのこ

Pepper.
(コショウよ。)

みのこ旦那
みのこ旦那

We still have pepper at home.
(コショウならまだ家にあるじゃないか。)

みのこ
みのこ

Not black pepper, I want a white one.
(黒コショウじゃなくて、白コショウが欲しいの。)

みのこ旦那
みのこ旦那

You’re a racist!
(君は人種差別者なんだね。)

みのこ
みのこ

。。。?

みのこ旦那
みのこ旦那

You like white better than black.
(黒人より白人がいいんだろ。)

みのこ
みのこ

I also like black!
(黒人も好きよ。)

どうも みのこです。

以前、カルチャーショックについて書いた時にも触れましたが、アメリカ生活で理解できないものがアメリカンジョーク。

旦那のジョーク笑えます?

笑えない理由のひとつに、ネタの背景がわからないというのもあったり。

日本人以外の人に、永谷園のお茶漬けの素をネタとしたジョークを言って通じるか?

知らないとナカナカ難しいですよね。

海外ドラマや映画では、字幕の翻訳者が日本のジョークの感覚に近いようにセリフを変えてくれたりしていますので、あまり気にせず笑えたりしますが。

でも、オヤジギャグ= dad jokes (dad: 父親)と日本と同じ。

お父さんが寒いギャグを言うのは万国共通のようです!

ちなみ、ボケとツッコミという日本のお笑いのスタイルは、言葉のテンポなどもあるのでこちらでは伝わりにくいです。

ツッコミをすると「何でたたくの?」となるので絶対しないでください。

また、英語の言葉の性質上、空気を読むことが難しいので「押すなよ押すなよ。」と、笑いとるから押してというのは、説明が必要です。

前置きが長くなりました。

それではいってみましょう。

今回は比較的わかりやすいアメリカンジョークを説明付きでご紹介します。

(ジョークを説明するのってナンセンス…)

スポンサーリンク

なぞなぞ的 Q & A ジョーク 10!

アメリカンジョークと言えばQ & Aが典型的。

日本でいう『なぞなぞ』や「〜とかけまして〇〇と解きます。その心は?」の『なぞかけ』と似ています。

1.Where does a bee keep his stinger? In his honey!

ハチはどこに針をしまっているのかな?ー彼女の中!

※honeyにはハチミツという意味の他に、彼女や嫁を呼ぶときにも使われる。

2.What do you call cheese that’s not yours? It’s nacho cheese.

キミのじゃないチーズを何て言う?―ナチョスチーズ!

※not yours の発音が ナチョス と似ている。

3.What did the 0 say to the 8? Nice belt!

0が8に言ったこととは?ーいいベルトしてるね!

※0が8のウエストを見てキュッと絞まっているから。

4.What washes up on very small beaches? microwaves!

とても小さなビーチで何を洗う?ー 電子レンジ!

※micro(とても小さな)+ waves(波)= microwave・・・電子レンジ

5.What kind of shoes do all spies wear? Sneakers!

スパイたちが履いてる靴は?ースニーカー!

※sneak =忍び寄る、sneakers =忍び寄る者たち ダジャレです。

6.Why don’t they play poker in the jungle? Too many cheetahs.

どうしてジャングルではポーカーをしないの?-チーターが多すぎるから!

※cheetah 動物のチーター と、cheater 詐欺師、ズルをする人 をかけている。

7.How did Darth Vader know what Luke got him for Christmas? He felt his presents.

 ダースベイダーはどうやってルークがプレゼントを彼に買ったのを知ったの?-ダースベイダーはルークの存在(present)を感じたから。

※プレゼントと存在という意味のpresent のダジャレ。

8.Sunny-side up, scrambled, or an omelet? It doesn’t matter. They’re all eggcellent.

サニーサイドアップ、スクランブル、それとも卵焼き?-どれでもいいよ、なんでもエクセレント(素晴らしい)だよ。

※excellent (優秀、素晴らしい)と、egg をかけてeggcellent とこれまたダジャレ。
 

9.Why is Cinderella so bad at soccer?   Because she always runs away from the ball. 

どうしてシンデレラはサッカーが苦手なのでしょうか?-彼女はいつもボールから逃げているから。

※ball にはボールの他に、舞踏会という意味もあります。


10.What’s the most terrifying word in nuclear physics?
“Oops!”

核実験の中で何が一番恐ろしい?-「おっと!」

 ※もはや説明不要

辛口?皮肉ジョーク 10!

アメリカンジョークのもう一つの特徴は政治や社会背景を皮肉的に揶揄すること。

近年で言えばトランプ大統領ネタがやはり一番多いです。
日本ではテレビで総理大臣や政治家、人種などをネタに笑いを取るというのはそこまで頻繁に見られるものではないですよね。

企業名や商品名を出すことすら、大物だけが言って許されるという雰囲気。

ちょっと意地悪な小ネタもご紹介。

1.“Donald Trump is so privileged that the first job he ever had to apply for was president of the United States.”

「ドナルド・トランプ氏はとても恵まれていたので、初めての求職はアメリカ大統領だった。」

 ・・・初めて就いた仕事で色々お勉強中のようですね。。。

2.“If ignorance is bliss. You must be the happiest person on this planet.”

 「無知は最高の喜びだ。だから君は地球上で一番幸せな人だね。」

・・・こういう事ワタシ言っちゃうかも。。。!!!

3.“This weekend, Donald Trump tried to win over black voters by asking them, ‘What the hell do you have to lose?’ Coincidentally, that’s also the way he proposed to all three of his wives.

「今週末、ドナルド・トランプは黒人有権者に対し『君たちはいったい何を失うんだ?』と聞いた。偶然にもそれは彼がこれまでの3人の妻へのプロポーズと同じだ。」

・・・トランプと別れた彼女たちが失ったものが知りたいです。 

4.“Everyone seems normal until you get to know them.

「みんな誰も『普通』に見えるよね、彼らを良く知るまでは。」

 ・・・ある意味名言。

5.“Donald Trump said, ‘There’s nobody that’s done so much for equality as I have.’ That’s right, he said: ‘In some states, I’m hated equally by blacks and Hispanics.”

 「ドナルド・トランプは『私のように、こんなにも平等のために働いた人はいない』と言った。 彼の言う通りだ、『いくつかの州では、黒人とヒスパニックに平等に嫌われているしね。」

・・・世界中のみんなが平等に彼を嫌いになる日は近い?

6.“I can’t be held responsible for what my face does when you talk.

「キミと話している時の僕の顔に、責任なんて負えないよ。」

 ・・・どれだけひどい表情で話を聞いているのか。

7.“You look good when your eyes are closed, but you look the best when my eyes closed.”

「キミは目を閉じている時はとてもキレイだね、でも一番君が美しいのは僕が目を閉じている時だよ。」

・・・こんなこと言われたらキスして唇ふさいでやる!笑

8.“Are you always so stupid or is today a special occasion?

「キミはいつもそんなにバカなのかい?それとも今日は特別にそうしてくれてるの?」

・・・本当のバカはバカを演じれない。みのこ母の名言。

9.“Well, at least your mom thinks you’re pretty.”

「まぁ、少なくともキミのママは君を可愛いと思っているんだね。」

・・・これで笑えるアメリカ人すごい。

10.“Unless your name is Google stop acting like you know everything.

「何でも知ったかぶりするのやめて、あなたがGoogleならいいけどさ。」

・・・その知識、経験からじゃなくてGoogleからですよね。

ジミー・ファロン サンキューノート 5!

わかると笑える!アメリカの人気番組 The Tonight Show Starring Jimmy Fallonであらゆる物に対して皮肉的に感謝する Thank Notes コーナー。

YouTubeで写真付きで観た方が面白いので、ここではほんの一部だけご紹介します。

1.“Thank you, people already making Thanksgiving Day plans… for helping people like me come up with early excuses to get out of those plans.

「ありがとう、みんなサンクスギビングの計画を早く立ててくれて。僕みたいに巻き込まれたくない人達にとっては早く言い訳できるから助かるよ。」

・・・わかる気がします。。。

2.“Thank you, for clapping, being high fives that you keep to yourself.

「ありがとう、拍手やハイファイブを自分自身を盛り上げるためにしてくれて。」

・・・あるある、納得!

3.“Thank you, “No smoking” signs on airplanes, for letting me know that my life depends on an aircraft that hasn’t been updated since 1980.

「ありがとう、飛行機の『禁煙』サイン。僕の命が1980年から新しくされていない飛行機に委ねていることを気づかせてくれて。」

・・・昔は飛行機で喫煙できましたからね。ホント、なぜ取らないのでしょう。

4.“Thank you, the letter Q, for basically being the letter O with a kickstand.”

「ありがとう、Qという文字、いつもOをスタンドで支えてくれてるね。」

・・・確かに。そう思うと可愛らしい。

5.”Thank you, key holder by my front door, for silently taunting me about where my key should be every time I lose them.

「ありがとう、家の玄関のカギ穴。毎回私がカギはどこだろうと探す度に、無言で脅してくれて。」

・・・あの瞬間の恐怖ったらない!


まとめ

いかがでしたか?

ざっとお送りしましたが、結構きついですよねぇ。

いつこのようなジョークが飛んできてもいいように、笑えるためにも気持ちの準備が必要かもしれませんね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
↓ポチっとクリックで応援よろしくお願いします。更新の励みになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました