Amazon ギフト券チャージでポイントアップ!

【アメリカ生活】カイザー保険の気になる料金・サービス 完全保存版

アメリカ生活

どうも みのこです。

このブログはアメーバブログ『ハワイであーだこーだ』のまとめブログです。
アメーバブログではカジュアルに、ほぼ毎日更新しております。
暇つぶしにでも、ご覧ください。

みのこ
みのこ

この記事では、アメリカのカイザー保険や病院について、受診前に知りたかったことをまとめています。

アメリカの医療費が高いことは有名ですが、いったいどのくらいなのか気になりますよね。

例えば、高度な処置ができる救急車は20万円ほど、タクシーのように距離によって加算されるのでプラス数万円といった感じです。

実際は診察や治療費は保険でカバーされるものあり、交渉するなど、「言ったもの勝ち」というところも。

ですが、アメリカの保険自体が高額で加入できない人も多く、医療費で自己破産する人が多いのも現実。

しかし、カイザー保険に変えてから、それまで年間何千ドルも払っていた医療費がゼロになった!という話を聞きました。
これは一体どういうことなのでしょうか。

今回は、私が加入しているカイザー保険の仕組みや病院、気になる料金やサービスメリットやデメリットについてをお話しします。

こんな方におすすめの記事です
  • アメリカの医療保険のことが知りたい方
  • アメリカ在住で医療保険の乗り換えを検討している方
  • アメリカ在住で毎年の医療費を抑えたい方
  • アメリカ移住予定で医療費が心配な方。

カイザー保険 仕組み

まずは、日本とは違うアメリカの保険の話から。

日本の保険の仕組みとは全くちがうアメリカの医療保険。
必要なときに適切な治療を受けられるようにするのが、アメリカの医療保険です。

アメリカの医療保険はいくつかありますが、主流は HMO(Health Maintenance Organization)とPPO(Preferred Provider Organization) の2種類。

HMO
かかりつけ医を決めてその医師を通して受診、治療を行います。
どの科を受信するにも指定のかかりつけ医を通し、ネットワーク内の医師や病院で治療します。
カイザー保険はHMOにあたります。

PPO
加入している保険会社が提携している病院やクリニックなら、どこでも自分で選んで受診することができます。
日本の感覚に近いですが、提携していないネットワーク外の病院だと、医療費が高くなる場合があります。

どちらの種類の保険も一長一短ですので、ご自身の健康状態や生活スタイルに合わせて選ぶのが良いでしょう。

また、日本と違う点として、アメリカではホームドクター(かかりつけ医)を選ばなくてはいけません。

カイザーでは、ホームドクターを選ぶための選択肢が多いのも特徴。
医師としての経歴だけでなく、人種や言語で選べるのも、移民の国アメリカらしいところです。

医者やその他のMD, PA-Cやナースなどアメリカの医療従事者の役割については、こちらが参考になります。
医療に関わる職業の種類

カイザー保険 料金プラン

次に、プランについてお話します。

カイザー保険では、Deductible plan:免責プランと、 HSA qualified deductible plans : HSA認定免責プラン の二つがあります。
ここでは一般的な Deductible plan:免責プランの内容で進めていきます。

カイザー保険は個人で加入することもできますが、勤務先を通して加入する人も多いです。
もちろん勤務先を通す方が断然安いです。

ちなみに個人加入の例では、40代夫婦、12歳、13歳の子ども2人の4人家族で見積もってみたところ、プランによって1,100~1,300ドル。

数字だけを見ると他の保険会社と大差ありませんが、気になるのはどこまでカバーされるか、自己負担はいくらかということ。

保険プランを選ぶために知っておきたい、アメリカの医療保険でのキーワードは Co-payDeductibleCoinsurance の3つ。

この3つは医療費の支払い額が決まる順番でもあるので、ぜひ覚えておいてください。

1.Co-payは、自己負担額。
毎回受診の際に払うものです。 加入したプランによってですが、一回の来院につきCo-pay $20や$30などが必要です。

風邪など簡単な診察は、Co-pay内で済むのでその他に払う必要はありません。

2.Deductibleは、年間自己負担額。
Co-payを含む自己負担額が加入しているプランのdeductibleの額に達するまで、払うべき年間の最高自己負担額。

3.Coinsuranceは、保険会社と共同で支払う額。
coinsuranceが30%なら、保険会社が70%、加入者が30%を支払います。

では一か月の保険料をプラン見積りを例に見てみましょう。(43歳、女性一人)
プランは縦に見ますが、比較したいところを横線で示しています。

グリーン線は毎月の保険料、イエローの線はdeductible、ピンクの線は年間自己負担の最高額です。

カイザー保険プラン例

ちなみにレントゲン(紫の線)で比べてみると、左のプランは年間自己負担額の後は30%、真ん中と右のプランでは年間自己負担額関係なく$60は加入者の負担となります。

また、赤の線で示したMRI、CT、PETなどでは年間自己負担額の後の負担割合が30%、40%と違います。

このように先ほどあげた、アメリカ医療保険の3つのキーワードが保険プラン選びにも重要になります。
ちなみに、 deductibleが高いほど保険料は安くなります。

こちらにはワシントン州の月額保険料の表があります。
エリア別、プラン・年齢、喫煙者かそうでないかで見ることができますので、参考にしてみてください。
カイザー保険 2020年保険料について ワシントン州

プランを選ぶ時には、どんな内容で通院するかや頻度などを考えると、ご自身・ご家族にあったものを見つけることができると思います。

お住まいの地域や診察内容によって基本料金が違うので、詳しくは次でお話しします。

前年度の医療費を計算して、deductibleの額を参考に選ぶのがおすすめ。

みのこ
みのこ

月の保険料が安いと、実際に行ったときに多く医療費がかかるので、バランスが大事ですね。

カイザー保険 料金サンプル

では実際にカイザー病院で受診したら、いくらぐらい払えばいいのでしょうか。

カイザー保険のサンプルリストによると、

Deductible(年間自己負担額)に達するまで、対象サービスの全額をお支払いいただきます。その後、年の残りの部分の支払いまたは料金の一部(Coinsurance)の支払いを減らします。プランによっては、 deductible に達することなく、一部のサービスに対してco-pay または coinsurance を支払うことができます。また、自己負担額の上限もあります。上限額に達した場合、対象となるサービスの年間料金を支払う必要はありません。少数のサービスについては自己負担額の上限に達した後も、 co-pay または coinsurance の支払いを続ける必要があります。

Kaiser Permanente 2019 Sample Fee List1 HAWAII

なんのこっちゃ...ですよね。

みのこ
みのこ

一緒に医療費を見積もってみましょう。

下の一覧表は、2019年のハワイ州カイザー病院の料金サンプルの一部です。
こちらからも見られます。
カイザー保険 医療費サンプル 2019年ハワイ州

【例:deductible$2,000、co-pay $20、coinsurance 20%のプラン加入】

例えば、下腹部が痛いとカイザー病院へ行き診察を受け、骨盤の超音波検査を受けることになったとします。

まず、来院時にco-pay $20を支払います。特別な検査が必要になるとco-payだけでは済みません。

上の表でUltrasound of Pelvis (骨盤の超音波検査) を見てみると、$346とあります。
この時点で deductible$2,000 に達していなければ、超音波検査代として$346を支払わなくてはなりません。

しかし例えば、deductible の残りが$200あるとすると以下のように計算されます。

検査費 $346-co-pay $20 = $326
$326 -deductible$200 =$126
加入者負担が20%なので、$126×20%=$25.2

このように最終的には、co-pay$20の他に、$25.2の支払いとなります。

また、アメリカでは患者ごとに違うプランで請求するため、 co-pay以外の医療費がかかる場合は、後から計算され後日、医療費の請求をされます。

他の州の2019年の料金サンプルも、いくつか貼っておきます。

持病がある方は、決まった検査の料金などを比較してみることをおすすめします。

みのこ
みのこ

では次に、カイザー保険のメリットとデメリットをお話します

カイザー保険 メリット

カイザー保険の強みはなんと言っても、病院と直接連携していること。

一つの病院内で情報が共有されることはもちろん、様々な利点があります。

カイザー 電話サービスが便利!

何度も言いますが、日本の医療費と比べ、アメリカの医療費はケタ外れ。

後になって請求書を見て驚き、保険会社に電話して、保険でカバーされるはずだと主張することは日常茶飯事です。

そんな医療費の不安も、カイザーなら事前に確認することが可能。
料金以外に、病院でどんな検査ができるかなど、病院とは別の電話番号で聞くことができます。

カイザー病院で、医師から検査を勧められたが料金が気になる、なんて時は、医師に伝え、料金を教えてくれる番号へ電話確認後、納得できれば当日に検査を受けることができます。

みのこ
みのこ

医師に料金が心配と言えば、検査内容の書類に電話番号を付けて教えてくれます。

カイザー 通訳サービスが便利!

電話でのちょっとした問い合わせでも、医療や保険のこととなると英語で伝えるのが難しいことがあります。

そんな時は無料の通訳サービスを利用しましょう。

通訳と言っても、電話で名前や誕生日などプライベートなことはご自身で話してから、通訳者が電話越しに間に入るようになります。

以下のように伝えると、個人情報を確認してから、必要なタイミングで通訳者を電話で用意してくれます。

  • I would like to have a Japanese interpreter.
    ィドゥライクトゥハヴァ ジャパニーズインタプリ
  • I need Japanese interpretation. (ニー ジャパニーズインタプリテイション)

カイザー オンラインサービスが便利!

カイザーオンラインサービスのMyHealthページ
カイザーオンラインサービスのMyHealthページ

カイザーのオンラインサービスはとても便利。
アポイントを取るのはもちろん、医療費のクレームまでオンラインで可能です。

カイザーのオンラインサービスでできること
  • 診察やワクチン接種の履歴確認
  • 今後の予定される検査の確認
  • 自己負担額満額までの確認、医療費のクレーム
  • アポイントの予約
  • 処方箋の注文など

スマートフォンのアプリでもほぼ同様のことが可能です。
アプリにはメンバーIDカードもあるので、カードを忘れてもスマートフォンさえあれば大丈夫です。

みのこ
みのこ

ここで、オンラインサービスの登録についての注意点をいくつかお話します。

アカウントは一人一つずつ持たなくてはならない。

当然と言えば当然のことですが、ご家族が多いご家庭では一括で管理したいものですよね。
これには年齢制限があり、12歳未満のお子様は、ご家族のアカウントに加えることができます。

しかし、 12歳以上では、親とは別にお子様の名前でアカウントを持たなくてはいけません。

お子さまの登録には、パスワードが必要になります。
好きなパスワードを登録できるわけではなく、カイザーから仮のパスワードが書かれた手紙を待つ必要があります。

後日手紙にある仮パスワードでサインインし、ご自身の好きなパスワードを設定する事ができます。

User ID やパスワードは変更が面倒。必ずメモしておきましょう。

パスワードを忘れてしまうと、リセットして再発行をしなくてはなりません。
パスワードのリセットは簡単ですが、パスワードの再発行は面倒です。

というのも、カイザーから仮パスワードを手紙で受け取らなくてはならなくなりません。
手紙にある仮のパスワードでログインするまでは、オンラインサービスやアプリなどの便利なサービスが使えませんので、パスワードはメモを必ずしておきましょう。

カイザー保険 デメリット

みのこ
みのこ

ここまでカイザー保険の良いところや便利なことばかりを話してきましたが、もちろんデメリットもあります。

行きたい病院やラボで、保険適用にならない場合が多い。

例えば、口コミで評判のいいクリニックや、日本人向けのクリニックなど行っても保険の対象にならない場合がほとんどです。

ホームドクターのスケジュールが合わない。

カイザーに限ったことではないのですが、毎回ホームドクターに診てもらえるわけではありません。
スケジュールが合わないと、別の医師を選んで予約します。

カイザー病院 診察の流れ

1.アポイントメントを取る。
電話やオンラインサービス、スマートフォンアプリで予約ができます。

緊急時はオンラインサービスなどでアポイントを取るのではなく、911もしくは近くの病院へ。

2.アポイント日時より早めに病院へ。Cashier& Check-In で受付、co-payを支払う。

受付でカイザーのメンバーIDカード(スマホアプリでも可) を見せます。

メンバーIDカードが手元にない場合は、登録してあるSSN(ソーシャルセキュリティーナンバー)やITIN(TAX用の個人番号)を聞かれるので、記憶していない人はメモを持参しましょう。

また、初診の場合は、名前や住所などの他に健康について記入することがあります。
アポイントが取れたら、持病や普段服用している薬の名前、生活習慣などをメモをまとめておくのがおすすめ。メモがあると、診察を待っている間などにスムーズに記入できます。

※通訳が必要かチェックする項目があるので、必要な場合はチェックしておきましょう。
チェックしなくても、通訳サービスを使いたい場合は、当日に受付で伝えても大丈夫です。

3.受付で言われた階数や場所で、名前を呼ばれるのを待つ。

名前を呼ばれると、看護師さんが基本的な情報を入力するための場所へ。
血圧、身長体重の測定、喫煙や飲酒など生活習慣やアレルギーなどについて質問があります。
ここで、女性の場合は最終月経や妊娠についても聞かれます。

4.診察室で医師を待ちます。

看護師に診察室へ通され、医師が来るのを待ちます。(病院によります。)

アメリカの診察室は無駄なものが無く、シーツも使い捨ての紙なので衛生的。
日本では隠すためのタオルケットなどがありますが、そういったものも紙が使われます。
他人と使いまわししなくてよいのが気持ち良いです。

カイザー病院診察室
診察に必要なもののみ

診察して血液検査やレントゲンなどが必要な場合は、別の場所で行います。

この時に料金が気になるようでしたら、医師に料金などを聞ける電話番号を教えてもらい、電話確認できるようにしましょう。

通常は既往歴や症状があるなどで検査をするので、co-pay内で済むことが多いです。
(検査の規模や内容によります。)

5.診察が終わったら終了。

はじめにco-payを支払っているので、診察後のお会計はありません。
もし、co-payでカバーされない医療費がある場合は、後日請求されますので、診察や検査など全て終わればそのまま帰宅できます。

みのこ
みのこ

初診だと、カタログが入ったエコバッグを貰えます。

エコバックはハワイだけかも。。。?

初診で貰えるエコバック
いかにもハワイなデザイン

カイザー保険・病院のまとめ

以上、カイザー保険とカイザー病院の気になるお金やサービスについてでした。
なるべくならお世話になりたくないけれど、アメリカで生活するには必須の医療保険。

必要なときにきちんと治療できるよう、ご自身にあった保険が見つかるきっかけになれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
↓ポチっとクリックで応援よろしくお願いします。更新の励みになります。

コメント

  1. Ayu より:

    こんにちは、ランキングから来ました。
    わたしもハワイ好きで、ホントは住んでみたいけど、やっぱり医療なんかは日本と違うので大変ですね。
    参考になりました。また、遊びにきます。

    • みのこ みのこ より:

      Ayuさん、コメントありがとうございます。
      そうですね、現在の医療だけで見れば日本のシステムの方が慣れているし、費用も安くて良いですね。

タイトルとURLをコピーしました