チャータースクールの授業でビーチボーイ

アメリカ生活

どうも みのこです。

息子のみのすけ(仮名)が通うチャータースクールでは、独自のプログラムとして

メンターシップなるものがあります。

ほぼ毎週金曜日の午前中8〜12時に、地元の企業やカフェなどでお世話になり、お手伝いするというもの。

学期毎に違う場所で7〜8回ボランティアで働きます。

学校から渡されるリストには、動物保護施設、映画館、キンダーガーデン(幼稚園)、車の整備工場などの他、シェイブアイスショップ、ダイビングショップなどハワイらしいものまで様々です。

リストにあるものから一ヶ所選び、担当者へ電話をしてから、レジュメ(履歴書)と

カバーレターを持参します。レジュメとカバーレターもパソコンで作らなくてはいけないので大変でした。

みのすけはこういう時完璧に仕上げたい性分なので… 誰に似たのやら。

(みのこは完璧主義)

初めてのメンターシップに、みのすけが秋期に選んだのは

Kona Boys Beach Shack というカイルアコナのカマカホヌビーチにあるショップ。

「カフェはどこでもバイトできるけど、せっかくハワイにいるんだからさ。」

みのすけの真っ当な意見にみのこ納得。

さっそく「日本語ネイティブだから日本人観光客へアピールできます!」と主張した履歴書を作り、渡してメンターシップが始まる日を楽しみにしました。

Kona Boys Beach Shack では、ビーチパラソルとチェア、スノーケリングセット、スタンダップパドルサーフィンボードや自転車などのレンタルをしています。

みのすけの主な仕事は、レンタルのパラソル、チェア、ボードなどをお客さんのところへ運んだり、帰れば片付けたりけっこうな重労働。

暑い日差しの下で、ヒョロヒョロなみのすけ大丈夫なのかしら。。。

母の心配をよそになかなか良く働いていました。

f:id:minoconoyama:20190202092417j:image

実はみのすけ、日本にいた時はスイミングを習っていたので、水の中にいるのが大好き。これまでもハワイの海以外で泳いだことがないので、もはや彼にとってハワイのビーチで過ごすのは自然なようです。

そして動物好きなみのすけはお客さんのワンコともすぐに仲良しに。

f:id:minoconoyama:20190202092813j:image

この子、このままビーチボーイズになっちゃうんじゃないかと思うくらい溶け込んでいました。そして、得意の?日本語で日本から来た観光客の人達にサービスを提供したり。そのお礼にと、『梅しば』を貰って大喜び。

そんな感じで無事8回のメンターシップを終えました。後半の4回はクラスメイトの日系ロコガールも一緒に。良いスタッフに恵まれて、たまにカヌーに乗せてもらったり、法螺貝の吹き方を教えてもらったり、たくさんハワイを体験させてもらいました。

みのすけは次期もここで働きたいって言うけど、同じ場所はダメなのよねぇ。

最後はみんなでパチリ!今度はプライベートで遊びに行こう。

f:id:minoconoyama:20190202093903j:image

おまけの話

基本的にはボランティアなので無給ですが、パラソルやチェアなど運んでいくとチップをくれるお客さんもいます。

そのチップで毎週メンターシップの後には、ABCストアのマラサダをみのこに買ってくれました。

なんて優しい子。。。

後で聞いたら、

半額だったから2つ買った

らしい。

f:id:minoconoyama:20190202093300j:image

みのこにとっては、レナーズやTEXなど有名どころのマラサダよりも美味しく感じました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓クリックで1票いただけると更新のはげみになります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


北アメリカ(海外生活・情報)ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました