食レポを英語で!味や食感を表す42の英語表現まとめ

使う!英語

どうも みのこです。

食事中は静かに味わいながら食べますか?それとも、その日の出来事などを話しながら?またはテレビを観ながら?

皆さんそれぞれ食事を楽しむスタイルがありますよね。

テレビのレポーターのように食レポをする人もいると思います。

そこで今回は味や食感などを表す英語、これさえ押さえておけば食レポもできる!という42の表現です。

ちなみに英語で『食レポ』は restaurant review (レストランレビュー)、『食感』は  texture(テクスチュァ)、 mouthfeel(マウスフィール)です。

では早速いってみましょう!

スポンサーリンク

味覚を表す9表現

※( )内のカタカナはアメリカ発音。太字を強く読みます。

  • saltyルティ)・・・しょっぱい、塩辛い。どちらかかというと塩気が多すぎなど否定的に使う
  • sweet(スウィートゥ)・・・甘い
  • bitterダー)・・・ 苦い
  • sour/tart (ワ/タートゥ)・・・酸っぱい。酸味が強い。これも場合により否定的
  • smoky(スモーキー)・・・ベーコンやスモークサーモン、チーズなどの燻製の風味
  • rancidランシドゥ)・・・新鮮でないために酸味がある、悪くなっている味
  • spicy/hot(スパイスィ/ホッ)・・・spicyは、唐辛子の燃えるような辛さ。hotはスパイスが効いた辛さで、熱いものにも使う

スポンサーリンク

食感を表す21表現

  • creamy(クリーミィ)・・・牛乳やクリーム、チーズなどで作られたように、クリーミーでなめらか
  • smooth (スムース)・・・なめらか、よく濾されたスープのイメージ
  • bland(ブランドゥ)・・・味が薄い、口当たりが良い
  • richッチ)・・・コクがある、濃厚な
  • sticky(スティッキィ)・・・ねばねば。納豆や、モチモチなご飯のような
  • chewyチュウウィ)・・・噛み応えのある、もちもち。stickyと同じように使われる
  • savouryセイヴォリィ) 風味豊かな。塩気や辛さがきいて良い意味で使うのは savoury 
  • crumbly(クランブリィ)・・・食べるときなどにボロボロになるクッキーやチーズなどのイメージ
  • flaky(フイキィ)・・・まさにコーンフレークのように薄くて軽い食感
  • crunchy(クンチィ)・・・バリバリ、カリカリ、ザクザクして噛むと音がするような食感。クラゲなどのコリコリ
  • crispy(クスピィ)・・・カリカリベーコンのようなパリッと、サクッと、シャキッと。イクラやたらこのプチプチ
  • hardハードゥ)・・・固い、噛み砕けない
  • juicyジュースゥィ)・・・まさに肉汁やフルーツの汁感
  • greasy(グリースィ)・・・油っこい、油が多くてベタベタな
  • gooeyグーウィ)・・・ねばねば。キャラメルソースのようなねばつき
  • moistモイストゥ)・・・濡れた感じがある、蒸しケーキのようなしっとり感
  • mushyシィ)・・・通常は固いトマトやリンゴなどが古くなってドロドロ
  • Jerry likeジェリーライク)・・・ぷるぷるした、ゼリー状
  • fluffy(フラッフィ)・・・ふわふわの、ふんわりとした様子
  • mellow / mildロゥ/ マイルドゥ)・・・まろやかな

なまたろう
なまたろう

意外とたくさんの言い方があるんだね。

みのこ
みのこ

そうなのよね。意識して使っていけば自分の言葉になると思うよ!
次は美味しい、まずいのいろいろを見るよ。

スポンサーリンク

美味しい・不味いなど表わす12表現

【美味しい】

  • tastyテイスティ)・・・味わい深い美味しさ
  • yummyミィ)・・・カジュアルに美味しい
  • delicious(デシャス)・・・とにかく美味しい
  • good < greatッ < グレイ)・・・普通に美味しい < とても美味しい
  • another level(アザレヴェル)・・・段違いな美味しさ

【不味い】

  • badバッ)・・・不味い
  • gross(グス)・・・気持ち悪い
  • awfulオウフル)・・・ひどく不味い
  • yuckyヤッキィ)・・・ゾッとする不味さ
  • terribleリボル)・・・ひどく不味い
  • nastyスティ)・・・不快な不味さ 
なまたろう
なまたろう

まずいって覚えないほうがいい気がする。。。

みのこ
みのこ

そんなこと言わないで〜!
味以外にも状態などをあらわすのに使うから覚えておくといいよ。

スポンサーリンク

使ってみよう!

文のつくり方は簡単!A=B とイコールの関係を表すbe動詞で繋げるだけです。

食べ物・料理名 is / are味・食感の英語】 

【例】

  • This strawberry is sweet. (このイチゴは甘いよ。)
  • My miso soup and stir-fry are salty.  (私の味噌汁と炒め物は塩辛い。)

食べ物が2種類以上の時は is ではなく are  

※ここで言う「私の、あなたの」はその人が作った料理という意味合い

and、but、very、so などを使うとより表現豊かに伝えることができます。  

  • This curry is spicy but very good!    (このカレーは辛いけどとても美味しいよ!)
  • Your soup is creamy and richso delicious!  (このスープはクリーミーで濃厚でとても美味しい!)


なまたろう
なまたろう

言いたいこと全部入れちゃえばOKだね!  

みのこ
みのこ

簡単でしょ?それじゃ、少しだけ長く言ってみよう。

まずは日本語訳と英文を目で読んでみてから、カタカナ発音をそのまま書いてある通りに読んでみてください。

コツは、ブルー字を一度に強く、そして1,2,3,4『イッチィニッイィサッンンシッイィ』とリズミカルに読むこと。

ラッパーになったつもりで読んでみるととても良くなりますYo

【評判のハンバーグを一口食べて】

日本語訳:「私 /俺、このハンバーグめちゃくちゃ好きだわ!肉汁ヤバい!外側はカリっとしてて、中はすごく柔らかいんだよ!間違いなく段違いの美味しさ!」

I love this hamburger steak.

(アイラーヴ ディス ハンバガースティーク)

It’s very juicy!

ッ ヴェリィ ジュースゥィ!)

The outside is crispy and inside is so fluffy!

(ディアウサイ イズ クリスピィ エン ディインサイ イズ  フラッフィ!)

This is definitely another level! 

ディスィズ アレヴェル!)


最初は口の筋肉が英語用に発達していないので、難しく感じると思います。

英語はテンポが命ですので、慣れるまで練習してみましょう!

スポンサーリンク

まとめ

どうでしょうか、意外とシンプルに言えちゃいますよね。

味や食感の言葉を知ってしまえば、難しいことはありません。

日本語と同じように並べるだけでも充分伝わります。ぜひ練習して使ってみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
↓クリックで1票いただけると更新のはげみになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました