50万円で学位が取れる大学 Uopeople

アメリカンライフ

どうも みのこです。

みのこの話は長いので、タイトルに惹かれた方は下までスクロールして読み飛ばししてください。

実はみのこ、短大中退、看護学校中退と履歴書には書けない学歴があります。

卒業していなくてもそれぞれの学校で良い体験ができたことや、そこで知り合った友人と今でも良い関係でいられているので、糧となってはいます。

しかし仕事や、資格受験の条件として四年制大学卒業の学位が必要だと実感しています。

日本はまだまだ学歴社会ですので、将来どのような仕事に就きたいか、何をしたいかまだ明確に決まっていなくても、とりあえず大学へ進学するという傾向があります。

それに対して実力主義といわれるアメリカ社会。といってもやはり職種によっては最低限の学歴が必要です。

でも40代、育児とフルタイムの仕事をしながらの学生生活は到底無理。。。

でもやっぱり学位が欲しい!

通学不要で家や通勤途中に勉強できるオンライン大学があったら。。。

スポンサーリンク

日本のオンライン大学検索してみた

困ったときはネットで検索!

私が看護学校を受験した2010年に比べると、とてもたくさんの通信大学がありましす。

しかしほとんどの大学がスクーリングでの単位取得を必須しています。

そう

サイバー大学以外は。。。
www.cyber-u.ac.jp

完全通学不要!これこそが本当の通信大学!

(みのこの勝手な解釈です)

 

でもお高いのでしょ??

気になる学費はざっと計算して卒業まで300万円いかないくらい。

一般の私立大学に比べたら安いかもしれません。

が、

当時シングルマザーの私。とてもじゃありませんが払えませんし、40歳で家以外のローンを組みたくはありません。。。

また、サイバー大学はソフトバンクグループであるため、その名の通り『IT総合学部』のみ。

今ではオタク息子のおかげでプログラミングに興味を持っている私ですが、大学を探していた2年ほど前は、学部の説明でさえ理解ができませんでした。 

 

ですのでひとまず却下。。。。。

アメリカのオンライン大学検索してみた

そして「アメリカ オンライン大学」と血迷って検索。

あるわあるわ。有名大学のコースから何から何までオンライン、通学不要。

アメリカではビジネスマンが昇進や転職のためにオンラインでコースを受講するなど一般的なようです。ちなみにスキルアップや生活向上のための転職はアメリカでは歓迎されます。

完全オンラインといっても、全て英語で学び、課題に取り組まなくてはならないので、興味深いコースであることサポートがしっかりされていることが、私にとっては学費以外の基準として重要なポイントでした。

その3点を通過したのが、

University of the People 

です。(ユニバーシティ オブ ザ ピープル  通称:Uopeople) 

www.uopeople.edu

 

『人民大学』『ピープル大学』と和訳するとイマイチなこの大学、実質授業料無料なんです。支払うのは入学手続き料$60, そして1コース$100の試験料のみ。

2年間のAssociate なら 20コース60単位ほどで、総額30万円くらい。

4年間のBachelor なら40コース120単位ほどで、総額50万円くらい。

 

4年間総額50万円!?

University of the People どうなの?

コースの内容は充実しています。

2019年1月現在、学部は3つ。

  1. ビジネスアドミニストレーション(経営学部)
  2. コンピューターサイエンス(コンピュータ科学部)
  3. ヒューマンサイエンス(人間科学部)

 

入学試験はありません。

しかし私のように英語が母国語でない人は、英検、TOEFLなどの証明書が必要です。詳しくはホームページにありますが、英検は準一級以上など基準があります。

(残念ながらおなじみのTOEICは日本、韓国以外では戦力になりません。)

そのような試験を受けたことがない、まだ基準に達していない人は、入学前に English Composition 1というクラスをオンラインで受けることができます。そのクラスで73%以上の成績を取ることができたら、晴れて入学する事ができます。

 

入学に関する書類などはそれぞれですので、ホームページから問い合わせるなどして下さい。私の場合は、はるか昔に卒業した高校の証明書が必要でした。成績証明書すら出せない昔のことなので、学校から在籍していたという旨の書類を発行してもらい、公証役場で公証する必要がありました。

 

なぜ学費無料が叶うのか?

University of the People には経験豊富な講師を含め、色んな講師がいます。彼らは基本、ボランティアのようです。ですから、ピアラーニングという生徒同士で採点、フィードバックをするシステムがあります。

学生にとってピアラーニングで学べる事もたくさんあるのでWin Winですね!

オンライン大学ですので世界中から学びたい人が集まり、各国の教育事情や、社会のシステムなども同時に知ることができます。もちろん日本人の生徒さんもいるので、情報交換することもできます。(同じコースで同じクラスになると、生徒同士の直接のメッセージが可能になります。)私も東京にお住いの女性と励ましあいながら学習を進めました。

オンライン大学は楽?

【通信大学、オンライン大学で学び

アメリカで働きたいと考えている皆さんへ】

 

ハッキリと申します。

通信大学、オンライン大学は通学よりハードです。その理由は、

  1. 通学しない分、読み物が多い。
  2. 通学しない分、課題が多い。
  3. 通学しないのでダラけてしまう。

 

日々の生活の中で、自らスケジュールを組み、実行していくチカラが必要です。

 

そして、しっかりとした目標を持って学部を選ぶことが大事です。

日本では文学部卒で銀行へ就職など珍しくありませんが、アメリカでは学部・学問=職種と直接つながります。ですから、例えばアメリカで銀行へ就職するなら経済・経営学部を卒業していることが前提となります。

まとめ

サイバー大学については資料請求しただけですので、詳しくはホームページをご覧ください。

University of the People についての基本的な事はある程度お答えできます。質問がございましたらお気軽にお問い合わせください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓クリックで1票いただけると更新のはげみになります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ


北アメリカ(海外生活・情報)ランキング

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました