英語で言う「よろしくお願いします。」のまとめ

使う!英語

どうも みのこです。

今回は1回目ですので、最初の記事らしい内容でお送りします。

読まなくてもOKですが、読んでほしい使用法はこちら↓

みのこ英語ブログ使用法
お金をかけず、かけ算九九のように一生使える英語を身につける!当たり前のことを偉そうに書いています。

では早速

コミュニケーションの第一歩!英語であいさつ をしてみよう!

『初めまして。私の名前は( )です。よろしくお願いします。』

日本では初対面の人に対して、このようなあいさつがされますが、英語ではどのように言うでしょうか。

『初めまして。私の名前は( )です。(ニックネーム)と呼んでください。』

  1. Hello. My name is Kenji Kobayashi.
  2. Hi. I’m Kenji. Please call me Ken.
  3. Hello. I’m Kenji. You can call me Ken.

1.ビジネスでも使うことができる丁寧な言い方。

2.友達の友達など、カジュアルな場面で使う。

3.二つを混ぜてもOKという例。

『よろしくお願いします。』

日本語の「よろしくお願いします。」にあたる言葉は英語にはありません。

基本的に、対面の場合の「よろしくお願いします。」は、

Thank you.

I appriciate that.

などと感謝の気持ちを伝えて終わることが多いです。

ですが、日本人としては言っておきたいところ!

状況次第で、近いニュアンスで使われるものがあります。

  1. Thank you in advance.
  2. I’m looking forward to seeing you. I’m looking forward to hearing from you.

直訳「前もって感謝します。」

お店や何かサービスに対して、問い合わせのメールなどで使われます。

例:I would like to know if you have some red dresses for wedding party. Thank you in advance.

(ウエディングパーティー用の赤いドレスを扱っているか教えてください。よろしくお願いします)

「あなたに会えるのを楽しみにしています」

電話やメールでイベントの予約をしたり、面接のアポイントメントなどのやり取りにも使われます。

例:Your reservation has completed. I am looking forward to seeing you next weekend.

(予約は完了しました。それでは来週末にお会いすることを楽しみにしています。)

※ look forward to 動詞 ing 「~するのを楽しみにする」
to の後は ing 形 です!

80パーセントほどの方が間違えてしまいますので注意してください!

まとめ

1回目にお伝えしたいのは2点だけ。

  • 日本語をそのまま英語にしない!
  • 英語はとってもシンプル!

以上です!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓クリックで1票いただけると更新のはげみになります。

コメント